合格者は極わずか|債務整理もこなせる評判のいい司法書士

国と国の取引

女性

ここで、セミナーに参加しようという話ばかりでもつまらないと思いますので、この移転価格というものが何なのか、簡単に説明してみようと思います。移転価格というのは、企業グループ内での取引価格のことです。日本の親会社が、海外の子会社に商品を輸出したとき、その輸出価格のことを移転価格と言います。この親会社と子会社の取引ですが、価格は自由に設定できると思います。しかし、この点について移転価格税制というのが入ってきます。移転価格は企業全体としては数値として高かろうと低かろうとグループとしてはグループ内でお金が動いているだけで損得はありません。ですが、日本と海外での利益には変化があるんです。更に、歩人税等が利益の変化に比例してくっついてきますよね。日本の会社の利益が増えれば日本の会社が払う税金も増えます。

海外の子会社では日本の会社の利益が増えた分、その利益が減ると同時に税金も安くなります。と、ここで問題発生です。税率というのは国によって違います。例えば、海外の会社というのが税率の低い場所であれば移転価格の設定如何によって、支払うことになる税金が大きく変化します。文字だけで説明を行うとかなりややこしくなってしまいますが、そのように大きくお金に変化が出るので問題となり、話題になっているのです。そこへ課税する仕組みが移転価格税制になってきます。多くの人が悩みを抱えている移転価格税制というものですが、税理士に限らず、知識を深めたいという人に最適なセミナーもあります。